部位別オススメダイエット器具まとめ!口コミで評判のアイテム11選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

1.多彩なダイエット器具

ダイエットを効率的に行う為にたくさんダイエット器具が発売されています。しかし、多くの種類のダイエット器具があるため、どのダイエット器具がいいのかわかりませんよね?

値段も数千円の物から数万円の物まであり、買うのに非常に悩んでしまうと思います。

今回、管理人の個人的な採点ですが、費用面・効果面・手軽さの評価をしていますので、今度のダイエット器具の購入の参考にしてみて下さい。

更に人それぞれでダイエットしたい部位は変わってくると思います。どのダイエット器具がどの部位に聞きやすいか・どの部位に効果があるか、部位別にオススメのダイエット器具を紹介したいと思います。

 2.腹筋

太り始めたと自覚する部位として一番多いのはお腹周りではないでしょうか?ビール腹になってきた。お腹がぽっこりとしてきた。と自分のお腹を見て痩せないといけないと感じる事があるはずです。

お腹がでてしまうと、スタイルが悪く見えてしまったり、今まで履いていたズボンが履けなくなってしまうといった弊害が非常に多いです。このような自体にならないように、腹筋を鍛える事に特化したダイエット器具を5つご紹介します。

 

2-1.「ワンダーコア スマート」

価格:10,789円※Amazon価格

手軽さ:★★★★★

評価:★★★★☆

愉快なCMでもおなじみのワンダーコアシリーズ。CMで放送されている通常の物よりもサイズも小さく、費用もお手頃です。

使い方も、CMでおなじみのクランチだけでなく非常に多くの活用方法があります。器具に身体を預け非常に簡単に運動を行う事ができますので、肉体的疲労はあまりないです。

体重の減少効果はそこまでないようですが、しっかりとウエストを絞る事ができます。効果が出てくる期間としては2週間程度でウエストが5cm程度(回数や体型によります)絞れるようです。価格も通常のワンダーコアの半額程度の金額の約10,000円なので、なかなか手頃ですね。

 

2-2.「腹筋ローラー」

価格:1,170円※Amazon価格

手軽さ:★★★★☆

評価:★★★★☆

ダイエット器具としては有名な『腹筋ローラー』です。費用もかなり安く手軽に購入できるので、非常にオススメです。しかし、やり方にもよりますが、身体への負担も大きいです。男性なら膝を着かずに腹筋ローラー運動を行うと思いますが、最初の方は腰を痛めてしまったり、しっかりと身体を伸ばす事ができずに挫折してしまいます。

最初は自分の運動能力に合わせて膝を付いて少しずつ身体を鍛えてから、ある程度筋肉量が増えた段階で、膝を着かずに腹筋ローラー運動を行う事をオススメします。

 

2-3.「ながらウォーク」

価格:10,692円※Amazon価格

手軽さ:★★★★★

評価:★★★☆☆

こちらもテレビCMで有名になったダイエット器具です。運動系のダイエット器具というよりは骨盤調整などを行う器具といった認識をもって頂いた方がいいかもしれません。

価格は約10,000円となかなか手頃です。商品名のとおり、テレビを見ながら、スマホを触りながら、本を読みながらダイエットを行えるといった手頃さもいいですね。体重減少の効果はあまりないかと思いますが、骨盤調整をすることによって、身体全体の姿勢もよくなります。

 

2-4.「スレンダートーン」

価格:21,384円※Amazon価格

手軽さ:★★★★☆

評価:★★★☆☆

お腹に巻くだけで腹筋を鍛えるダイエット器具です。このような器具はスレンダートーンが先駆けで販売を行い、一時期は一世風靡した器具です。

費用は約20,000円と少々高価ですが、ただお腹に巻くだけで腹筋を鍛える事ができるのは非常に魅力的ですね。

腰痛持ちの方などは腹筋運動などができないので、この器具を使うことによって、腰に負担を与えることなく腹筋を鍛えれるのも魅力の1つです。

しかし、皮膚が弱い方は荒れてしまうこともあるので、使用方法は注意しないといけません。

 

2-5.「シックスパッド」

価格:25,704円※Amazon価格

手軽さ: ★★★☆☆

評価:★★★☆☆

スレンダートーンと同じ、お腹に巻くだけで腹筋を鍛えれるというダイエット器具です。サッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドが広告塔としてCMを行っていた事で有名です。価格は約25,000円とダイエット器具の中では高額です。効果としては、スレンダートーンと違い、シックスパットが作りやすいように腹部に触れる箇所も6つに別れているのが特徴です。本体だけでなく、電動ジェルシートも必要になる為、本体購入費用だけでなく、ランニングでも費用が発生するのはマイナスポイントです。

2-6.腹筋を鍛える運動の関連記事  

ダイエット運動にフラフープ!1日10分でくびれ効果

3.下半身

下半身は特に女性が気にする部位ではないでしょうか?年を重ねると肉がたるみ締りがない下半身になってきます。特にお尻周りや太もも周りは通常の運動、普段の生活では鍛えにくい箇所になるので、ダイエット器具を使用して効率的に痩せましょう。

3-1.「内転筋エクササイザー」

価格:6,500円※Amazon価格

手軽さ:★★★★☆

評価:★★☆☆☆

足を器具の上に乗せ、閉じたり開いたりしてお尻周り・太ももを鍛えるダイエット器具です。下半身を鍛えれる器具としては非常に小型で、家で気軽に行える器具です。しかし、鍛えられる部位としては、太もも・お尻周りとかなり低範囲なのがネックです。さらに足は締める際に力をかけるため、内ももの方には効果がありますが、外側の筋肉にはあまり負荷をかけることが難しいです。

 

3-2.「エクササイズトランポリン」

価格:1,000円〜※Amazon価格

手軽さ:★★★★★

評価:★★★☆☆

小型のフィットネスようのダイエット器具です。トランポリンの小さい版ですが、非常に手頃な金額で購入する事ができます。だいたい5分程行えば、1kmのランニングと同じ効果が得られるので、走るのが苦手な方・時間がとれない方などにオススメです。

しかし、ポンポンとずっと飛び続けるので、マンションにお住まいの方などは下の住人の方から苦情がくる可能性が非常に高いので、騒音への配慮はしっかりと行って下さい

トランポリンダイエットの関連記事はこちら

ダイエット運動なら話題のトランポリン!5分で痩せ体質作り

 

3-3.「ミニステッパー」

価格:4,936円※Amazon価格

手軽さ:★★★★★

評価:★★★☆☆

かなり昔からあるタイプのダイエットの器具です。家の中で踏み台昇降運動が行えるので、下半身の強化に使えます。重さも設定できるため、自分の身体にあった負荷をかける事ができます。更に太ももを鍛える事ができるので、太ももの筋肉量をアップし基礎代謝アップに繋がります

費用はバラバラですが、安い物であれば、5,000円前後で購入可能な為、気軽に購入することができます。

 

4.顔

年を重ねると顔のたるみやほうれい線など普段では鍛えれない箇所の老化を感じてしまいます。しかし、しっかりと鍛える事によって、たるみなどを予防し若返り効果を得る事も可能です。

4-1.「フェイシャルフィットネス PAO」

価格:12,980円※Amazon価格

手軽さ:★★★★☆

評価:★★★☆☆

顔の表情筋を鍛えて顔のシワ・ほうれい線・たるみをなくすダイエット器具です。ダイエット器具というよりも顔を調整する器具といった方が正しいかもしれません。

器具を咥えて上下に振るだけで口元のトレーニングを行うことができます。フェイスライン・口角を整える事ができるので、若返り効果もあります。最近、広告も大きく行っており、非常に売れ行きのいい器具です。

関連記事はこちら

ダイエット部分痩せ!効果抜群な顔痩せ体操5選!

 

5.その他

5-1.「アセチノメガシェイプ」

価格:15,500円※Amazon価格

手軽さ:★★★☆☆

評価:★★★☆☆

こちらはダイエット器具というよりも、日頃の疲れを取りリフレッシュする為の器具です。13個のローラー我高速立体回転し、厚い肉に対してアプローチが行えます。エステティシャンの手技をイメージして作られた製品です。防水なので、お風呂に入りながら使えるのもメリットです。

対応部位としては、お腹・お尻・太ももなど肉が付いている部位全てに使えますが、減量効果はほとんどないです。

 

5-2.「ボニック」

価格:16,589円※Amazon価格

手軽さ:★★★★☆

評価:★★★★☆

ボニックとは超音波で脂肪を落とす最近話題のダイエット器具です。1日5分で済むというのも魅力の1つです。費用は16,000円前後とそこまで高くない為、購入のハードルも低いです。口コミでは、いろいろ言われていますが、実際に使ってみた感じも非常にいいです。

 

6.ダイエット器具のメリット

これまで紹介したように、ダイエット器具には様々なメリットがあります。通常の運動を行うよりも、効率的にダイエット・トレーニングが行える。何かをしながらダイエットを行えるというメリットがあるため、ダイエットの為だけの時間をとらなくてもいいという事です。

 

7.ダイエット器具のデメリット

ダイエット器具のデメリットとしては、非常に飽きやすいという事です。ダイエット器具はどこかの部位を鍛える事に特化している為、単純な運動が多いです。ダイエット器具を使ったからすぐに効果がでて体重が減るという事はありません。

通常のダイエットと同様に継続する事によって、効果がでるものですので、毎日しっかりとダイエット器具を使い運動を行う必要があります。

8.まとめ

多くの話題のダイエット器具を紹介しました。各器具毎に特徴があり、しっかりと使うことによって効果は非常に見込めます。

しかし、最小に購入費用がかかってしまうため。継続しなければただのお金の無駄遣いになってしまいますので、継続的に使用して効率的にダイエットを行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*