過剰なダイエットは摂食障害の危険!食べては吐く『過食嘔吐』の危険性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

1.過食嘔吐とは?

過食嘔吐』とは一般的に言われる一食においてあきらかに多い食事をとり、その後自己誘発的に嘔吐をする行為をいいます。

たくさんの食事を取り、自分で指を突っ込んで吐いたり、水を大量に飲んで吐き出したりすることもあります。

なぜ過食してしまうのかというと、食欲をコントロールできなくなってしまい、異常な程大量の食べ物をひたすら食べてしまうのです。過食症には過食嘔吐のように過食と嘔吐を繰り返すパターンとか食のみを繰りかえすパターンがあります。

過食症状が始まってしまうと自分をコントロールできなくなり、目の前にある食材を全て食べてしまう。その後、『こんなに食べてしまった・・』と自己嫌悪となり、気持ちが落ち込んで抑うつ状態に陥り、太りたくないと思い嘔吐してしまうのです。

2過食嘔吐は摂食障害

過食嘔吐は摂食障害であり過食症からくるケースがほとんどです。摂食障害と精神疾患の一種です。極端な食事制限や過度の食事の摂取から様々な健康の問題が引き起こされる障害です。主に食事をとらない拒食症と過度に取りすぎてしまう過食症に分類されます。

2-1.拒食症

拒食症とは簡単にいうと『ダイエットやストレスをきっかけに食べることができなくなってしまう』病気の事です。正式名称は『神経性食欲不振症』という病気です。拒食症は10代〜20代女性が圧倒的に多い病気です。ダイエットや精神的なストレスから発症してしまうケースがほとんどです。

自分は太っているという自己嫌悪にかられ痩せても痩せても太っていると考えてしまい、食べることに対して異常なまでの嫌悪感をいだいてしまいます。

2-1-1.拒食症の症状

 

低体重

低体温

思考力の低下

生理不順

無月経

 

など様々な症状が発症してしまいます。

拒食症になりやすい性格としては、『自己評価が低い人』がなりやすい傾向にあります。それは、痩せているのにまだ自分は太っている。有名なモデルさんと比較してしまい、自分はまだ太っているという感情に駆られてしまい更に、食事に対する嫌悪感が発生してしまうのです。

2-2.過食症

過食症とは食欲をコントロールする事でできなくなり、異常な程に食事を摂ってしまう病気です。正式名称は『神経性大食性』と呼ばれています。過食症はその前に拒食症の症状がでている方が過食症になるケースが非常に多いです。

過食症からその後は食べ過ぎてしまう自分が嫌になってしまい、『過食嘔吐』の症状に繋がるケースが多いです。

 

3.過食嘔吐の危険性

過食嘔吐を繰り返してしまうと、吐き癖がついてしまい、食事を大量にとっても吐けば大丈夫と習慣化してしまうケースが多いです。習慣化してしまうと下記の様な症状が発生してしまいますので、非常に危険です。

3-1.浮腫・肌荒れ・脱毛

過食嘔吐を繰り返してしまうと、極度の栄養失調になります。栄養失調になり、鉄分が不足してしまうので、抜け毛に繋がってしまい、薄毛の原因にも繋がってしまいます。また、嘔吐を繰り返す為身体内のカリウムが不足してしまい浮腫や肌荒れにも繋がってしまいます。

3-2.食道の炎症・歯が荒れる

毎回嘔吐を繰り返してしまうので、胃酸により、食道の炎症を引き起こしてしまいます。また、歯のエナメル質を溶かしてしまい、虫歯の原因にもなります。

3-3.生理不順

過食嘔吐になるケースは、過食から起こる自分への嫌悪感から過食嘔吐になるパターンが多いです。その為、低体重を維持するケースが多く、極度の栄養失調に陥りますので、生理不順に繋がってしまいます。更に悪化してしまうと無月経になるケースも多いです。無月経が続いてしまうと子宮や卵巣が萎縮してしまい、自力での月経再生が難しくなってしまいます。

3-4.抑うつ状態・自傷行為

過食を繰り返す自分に対して嫌悪感が発生してしまい、激しい自己嫌悪に陥ってしまいます。そのため、精神状態の不安定やうつ病になっていしまい、そのストレスから自傷行為を行ってしまうケースも非常に多いです。

 

4.摂食障害の克服法

摂食障害は精神的な問題から発症してしまうケースがほとんどです。その為、自分での克服というのは非常に難しいです。専門度の高いお医者さんにしっかりと診てもらう事が一番の克服法です。しかし、全ての摂食障害が精神的な問題だけではないので、精神科医でも摂食障害に理解の薄い医師であると克服に繋がりにくいです。

今回は東京都内ではありますが、摂食障害に理解のある医師・クリニックを紹介しているサイトをリンクします。

東京の摂食障害治療クリニック・病院一覧

また、当サイトで摂食障害を克服した方のブログをまとめた記事もあるので、こちらもご紹介します。

ダイエットの危険!摂食障害からの克服ブログ7選

5.摂食障害にならない為のダイエット方法

摂食障害にならない為のダイエット方法は、やはり過度の食事制限などを行わないようにすることです。過度の食事制限を行うと食事をする事は”悪”だという認識を持ってしまう場合が多く、拒食症になってしまう事があります

ダイエットは食事制限でカロリーコントロールを行うのではなく、しっかりと運動を行う事によって、身体全体の筋肉量をアップして『基礎代謝』をあげるようにしましょう。

また、目標とする人を作る事は大事ですが、モデルさんのように痩せている方を目標としても自分なりのペースで健康的なダイエットを心がけましょう。

当サイトで紹介している無理のない運動をしながらダイエットを行う記事をいくつか紹介します!

ダイエット効率UP!女性でも簡単なスロトレメニュー6選

ダイエットにスローステップ運動!10分で全身引き締め効果

ダイエットを楽しく!趣味になるエクササイズDVD7選

ダイエット運動にフラフープ!1日10分でくびれ効果

6.まとめ

摂食障害になってしまうと、克服するのも非常に大変です。自分は太っていると考えても、しっかりと自己分析をして過度の食事制限などは行わないようにしましょう。ダイエットは自分を適正体重に調整する事です。体重をドンドン落とすことを指してはいません。運動を行い少しずつ体重コントロールを行いましょう

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*