膝裏ストレッチで腰痛を改善!効果的な3つの理由!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

膝裏のストレッチを行う事によって、腰痛の改善に繋がる事はご存知でしょうか?
日本人の8割は生涯の間に腰痛に悩まされています。それは、体に筋肉の衰えによる骨格に変化が大きな原因です。特に腰回りの筋肉の衰え・背筋の衰えが原因とされていますが、腰・背筋の筋肉の衰えに繋がるのが、膝裏です。
膝裏ストレッチが効果的な理由をご紹介します。

1.膝裏ストレッチとは?

膝裏の筋肉をしっかりと伸ばしていくストレッチの事です。膝裏の筋肉が固くなってしまうと、まっすぐと直立する事ができなくなり、腰の筋肉の低下・硬化に繋がってしまいます。それに伴い、腰の骨の位置が正常でなくなり、腰痛に繋がってしまうのです。しっかりと膝裏の筋肉を伸ばして、姿勢の改善につなげましょう。

2.膝裏ストレッチの3つの効果!

膝裏ダイエットには大きく、3つのメリットがあります。膝裏の筋肉が伸びることによっての姿勢の改善。血流が良くなることによってのむくみの改善などがあります。それに伴い体の様々な部分が改善される効果があります。今回は3つの効果を紹介します。

2-1.腰痛改善!

冒頭でも説明した通りなのですが、膝裏が固くなってしまうと自然と前傾姿勢になってしまいます。それによって、腰周りの筋肉が前傾姿勢で固まってしまい、腰痛に繋がってしまいます。膝裏の筋肉を伸ばすと足もまっすぐになり直立する事ができるので、腰への負担も軽減されるのです

2-2.姿勢を綺麗に!

膝裏が硬いと足がまっすぐに伸びないため、前傾姿勢になってしまいます。そうすると猫背になってしまい、綺麗な姿勢とは呼べません。膝裏を伸ばすことによって、体の姿勢の改善にも繋がります

2-3.美脚効果!

膝裏のストレッチを行うことによって、血流の改善にも繋がります。血流が良くなると足のむくみもとることができます。むくみがとれると足はスラッと細く見える効果があるので、美脚効果にも繋がります。

3.膝裏が固くなってしまう人の特徴

膝裏が固くなってしまう方の特徴は以下の通りです。

・デスクワークが多い方

・歩くことが少ない方

・ソファーなどに座ることが多く、地べたに座らない方

以上の様な状況の方は膝裏が非常に固くなりやすいです。

4.自分の膝裏の硬さを調べる方法

膝裏の硬さを調べる方法は簡単です。地べたに座り、膝をまっすぐ伸ばします。その際に膝裏が床に着くか着かないか。つかないのであれば、床とどの程度隙間が空いているかによって膝裏の柔らかさがわかります。基準として下の3つに分類されます

4-1.膝が床につく

膝と床がほぼくっついている状態であれば、あなたの膝裏は非常に柔らかいといえます。この状態であれば、腰に影響を与える可能性も低いので、これまでどおりの生活を送っておいて問題はないと思います。

4-2.膝と床の隙間が5cm以内

膝と床の隙間が5cm以内の方は若干膝裏が硬いです。膝裏は床に着くのが正常ですので、これから紹介する膝裏ストレッチを普段から行っていきましょう。

4-3.膝と床の隙間が5cm以上

膝と床の隙間が5cm以上ある方は非常に危険です。かなり膝裏の筋肉・筋が固まってしまっているといえますので、しっかりとストレッチを行いましょう。このような状態の方は全身の筋肉が硬い傾向にあるので、少しずつストレッチを行っていきましょう。

5.膝裏ストレッチのやり方

膝裏ストレッチは他のストレッチと異なり、痛みなどもほとんどありません。ゆっくりと行って行くことも非常に大事なので、痛みが強い方などは時間をかけて筋肉を伸ばしていきましょう。では簡単な膝裏ストレッチを紹介していきます

5-1.壁を使ってストレッチ!

画像のように、壁に手を置き、ゆっくりと押すイメージで膝裏を伸ばしていきましょう。この際に、後ろの足のかかとを床から離しすぎないように意識しましょう。

ゆっくりと伸ばしていき痛みを全く感じない・筋肉が伸びている感じがしない場合は、後ろ足の位置をもう少し下げて行って下さい。

5-2.タオルを使ってストレッチ!

次に寝たまま行える膝裏ストレッチを紹介します。画像のようにタオルを足にかけて、両手でひっぱりましょう。この際に痛みを感じる方は、タオルの持つ位置をもう少し手前にするか、少しだけ膝を曲げて行いましょう。こちらの方法に関しては、自分の力加減で調整もできます。テレビを見ながらゴロゴロとした状態で気軽に行えるので是非試してください。

まとめ

膝裏のストレッチは非常に簡単に行えるストレッチです。しかし、体に対しては非常に効果的であり、腰痛の改善などにも繋がる為、是非行ってみて下さい。

膝裏ストレッチを行うと効果的な方は

・デスクワークが多い方

・歩くことが少ない方

・ソファーなどに座ることが多く、地べたに座らない方

この様な方々はテレビを見ながら一日10分でもいいので、膝裏ストレッチを行って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*